リニューアル実施予定日まであと1ヵ月とか

正直終わる気がしない・・・

とりあえず現状はインターフェース周りの改修&追加実装をメインにやってます。
ここ最近Ragezoneばっかりでブログ放置気味でした。Ragezoneの方を見てる方にとっては特にこれと言って新しい情報は無いです・・・ゴメンナサイ。

R63スタイルのインターフェースの移植はほぼ完了。
メッセンジャーとかはR35のままでいいかな・・・(妥協)
主な移植内容は以下の通り。
・共通ダイアログの外観
・カタログデザイン

habox_dev_ss_017

新規にカタログレイアウト2種類実装中
・カラーセレクトタイプ(プラスチック・家具ページの改修)
・スペース(従来のスペース家具ページの改修)

habox_dev_ss_019
他にも数点考案中ですが、ある程度デザイン固まったらまたアップするとします。

いまのところこんな感じですね~。
サーバーのリコードに手が付くのはいつになるやら・・・
リコード自体もどれだけの時間がかかるやら・・・
フロアパスファインダーの改善や新機能のサーバーコード実装とかフロアマップ周りの不具合・入退室時の同期処理の不具合なんかの対応やら(以下略)

事務所

Ragezoneのほうにはトピック立ててそれなりにレスしてるんですが、外人向けなので日本人プレーヤー向けのネタが無い・・・。
ということで普段開発をやってる事務所(開発作業環境)のご紹介。

DSC_0475
自分が普段仕事したりHABOXの開発したりしてる事務所です。
といっても実家の整備工場の事務所の2F使わせてもらってるんですけどね。

レースゲームの開発も兼ねているのでステアリング類のコントローラーが常設されてます。
27インチ3画面はゲームでの迫力はもちろんのこと開発業務の効率も抜群です。
(ステアリングが邪魔だったりしますが)


こんなかんじで遊んでます

横浜へお越しの際はぜひ遊びに来てね~ 笑

lingoに苦悩する日々

思わぬところから助け舟が!
rukaがめずらしくSkypeで話しかけてきてくれたので聞いてみたらこの人lingo使えたのね

prepareMovieハンドラ内でdebugPlaybackEnabledを有効にするとデバッグメッセージウィンドウ出てtrace結果出したりスクリプト実行したりできるとのことでしたが・・・

そもそもprepareMovie引っ掛からない!(;▽;)

startMovie/enterFrame/exitFrameで引っかかったので問題無し

debugPlaybackEnabled有効にしたけどキャスト読み込んだ直後の一瞬しかメッセージでない!(;▽;)

どうやらログイン処理後(sec.cct処理後?)にdebugPlaybackEnabledが無効化されてるようで・・・
一度debugPlaybackEnabledを無効にするとそのプロジェクタでは再読み込みしないと再度メッセージボックスを表示することはできないんだとか(リファレンス

というか、サーバーから送られてくるパケットの処理とかダイアログの表示処理にフックできない限り追加機能実装しようが無い気が・・・

はやくも挫折・・・orz
何かないかなー(´_`;)

ボイスチャット機能 考案

いろんなユーザーと話しながら出てきたボイスチャット案が良かったので考えてみた

DSC_0467
でも客室の設定画面に「ボイスチャットを有効にする」とかの新項目の追加実装はおそらく不可能・・・。
ウェブサイト側に管理画面設けて客室ごとに設定させるってのもユーザーからしたら面倒だしなあ。

まだ実装自体検討段階・・・。

lingo勉強中

現代から退化して電子書籍を漁りながらlingoの勉強中・・・。
古めかしいシンタックスな上に今のActionScriptにあるような便利なプロパティも皆無。

オマケにビットマップなんかのキャストを書き出したりするための拡張をするプラグイン(Xtra)はどれも有料で高価・・・。

それでもShockwave版のHabboのクライアントを拡張するうえでlingoスクリプトさえ書けるようになっておけばある程度は実装もできるかもなー、なんて思って頑張ってます。

今のところ成果物として、家具のデータベース管理用にCCTファイル内のキャストビューワ作ってみたりしてます。
Shockwaveムービー上からCCTを参照すればアンプロテクトの必要は当然ないし、読み込んだキャストの表示が簡単に出来ます。

そのうちサンプルとしてコード公開予定。